キービジュアル
  • トップ
  • 人気エステの共通点
  • マーケティングの重要性
  • 売れるメニュー
  • ホームページに必要なこと
  • 集客できる広告

集客できる広告

アイコン
効果の出る広告には原理原則がある
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規の集客を行うためには広告が欠かせません。しかしながら、効果的な広告をアピールしたいと思っても、「なかなか効果が出ない」、もしくは、「もっと効果を伸ばしたいけど、どうしたらいいか分からない」といった経験はないでしょうか。

 

ホームページ、WEB広告、チラシ、フリーペーパーなど、集客に効果的な広告の作り方のポイントを紹介します。

1.ターゲットを明確にする

あなたのサロンは、ターゲットのことをどのくらい理解しているでしょうか?

あなたのターゲットの欲求や悩みは何でしょうか?

この2つを具体的に理解することが、効果的な集客をする上で必要な要素です。

 

この2つを具体的に理解していると、

「ターゲットが集まる場所に広告を打てる」

「あなたの商品を選ぶターゲットが増えていく」

上記のようなことが可能になります。

 

ターゲット像はできるだけ具体的に理解する必要があります。

しかし、表面上のターゲット像や悩み・欲求の情報だけでは曖昧すぎて、

最終的に広告内容が漠然としたものになり、広告効果が薄くなってしまいがちです。

 

ターゲットのことを具体的に理解する方法は、

1.あなたの提供しているサービスは、何が解決できるか

2.1を求めている人は、どのような悩みを持っているか

3.2を解決できる根拠は何か

 

上記を具体的に書き出してみて下さい。

そうすることでターゲット像が明確になり、アピールすべき広告内容が見えてきます。

1.ターゲットを明確にする

2.目的とメリットを明確にする

アピールするキラーメニューの、一番の目的を明確にします。

メインターゲットが中高年層で痩身コースなら「若返りながらダイエット」や「30歳からのプレミアムダイエット」など、

20歳代がメインで小顔コースなら「小顔ケア」や「小顔矯正」など。

他にも様々な表現はありますが、読み込まなくても見た感覚でスッと入ってくるような表現が望ましいです。

 

目的とメリットを広告の一番目立つ場所に記載することで、文字を読み込まなくても、見た感覚でスッと入ってきます。

まずは興味関心を持たせるために最も重要なパーツとなります。

2.目的とメリットを明確にする

3.結果が出せる根拠を明確に紹介する

販促物のツボはこの情報です。この情報の説得力や信憑性がターゲットに伝わらないと集客が難しくなってきます。

 

効果的なアピールのコツは、長文を読み込まないと伝わらない内容はNGで、パッと見て主旨が伝わるような表現がベストです。それは、写真やイラストを上手に使いイメージを伝えやすくする工夫です。

 

オリジナリティを絡めメリットをここで反映することも重要です。

3.結果が出せる根拠を明確に紹介する

4.施術内容をしっかり伝える

商品価値を伝える上で重要なパーツが「施術シーン」です。

意外とここがあっさり紹介されていることが多いですが、潜在顧客は痩せたい・小顔になりたい・肌荒れを解消したいなど、目的を明確に持って広告物を見るわけです。

 

コンプレックスを解消するためにどのようなプロセスを経てキレイになれるかを見たいと思っているのです。

いくらキャッチコピーでいいことを書いても、ここがぼやけると意味がありません。

 

キャッチコピーでアピールしているメリットの根拠をきちんと紹介することで、

商品価値が理解しやすくなり、集客にグッと近付きます。

4.施術内容をしっかり伝える

5.体験価格と通常価格を表示する

もちろん、初回体験価格を記載するわけですが、この価格が5,000円を超えるとレスポンスが鈍くなる傾向があります。5,000円を超える場合だと、その価値がしっかり伝わる広告をつくる必要がありますね。

 

通える価格かどうかも見られていますので、キラーメニュー用の定価を設定しておくのも一つの方法です。

5.体験価格と通常価格を表示する

6.不安要素を解消する情報

「このエステ受けてみたい!でも…」大半のターゲットにこの心理が働きます。

広告はいいことしか書いていないことを知っています。

 

しかしターゲットの心理は、「しつこいセールスがあるのかな」「本当に効果があるのかな」「本当は高額な費用がかかるのでは」…など、広告を見てせっかくやる気になったのに、不安要素によってブレーキがかかることが多いものです。

 

だからこそ、不安要素を解決する要素が広告に記載されていた方が、予約確立が上がります。

例えば、入会金なし・無理なセールスは一切なし・安心の明朗会計・○○年の豊富な経験と確かな技術など。

6.不安要素を解消する情報

その他、体験者の感想やクチコミも大切です。

売り手の言葉は、基本的には信じません。広告は集客するためのものなので、いいことしか書いていないとフィルターをかけて見ているものです。

 

それを解決するのが体験者の感想やクチコミです。

ターゲットと同じ目線なので、信憑性のある紹介の仕方をすることで不安要素が解消されることも多くあります。

広告スペースが限られていて、そこまで紹介することが厳しい場合は、Facebookを上手く利用することで解消した事例もあります。

 

広告スペース内に、「体験者の感想は[ダイエット 福岡]で検索」などを記載すると、興味のある人は検索します。

そしてFacebookやインスタなどのSNSで体験者の声などの記事を上げる際は、必ずホームページにリンクを貼ることをお忘れなく。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へもどるトップへ戻る

当サイトへの集客相談はこちら

おしらせ一覧へ

インスタグラムから集客する方法
オンライン集客セミナー『インスタ集客術』
オンライン戦略
オンラインカウンセリングで新規来店数を増やす方法

オンラインサポートで化粧品の売上をアップさせる方法

人気エステサロンの共通点
人気エステサロンの共通点

「オリジナリティ」が成功の鍵

戦場が変わると「ターゲット」も変わる

自分の強みを伸ばす「キラーメニュー」

マーケティングの重要性について
マーケティングの重要性について

「ターゲットのマーケティング」が集客の鍵

適正な販促メニューは短期間で売上げを上げる

売れるメニューについて
売れるメニューとは?

「目的が明確なメニュー」で取りこぼしを防ぐ

「メニューの選択肢」でチャンスを広げる

「商品価値の伝え方」に全ての答えがある
ホームページから新規集客数を上げる
ホームページは必ず見られる

トップページの在り方

キラーメニューページで紹介するべき商品価値とは?

集客できる広告
お客様がサロンを選ぶときの基準とは?
効果の出る広告には原理原則がある
リスティング広告の特徴と活用のポイント
集客事例
会社概要
集客相談
サイトマップ
集客マネージメント1ヶ月体験

集客アドバイザー

西川圭一

サロンの潜在能力やスタッフの方のいいところを伸ばすことが、成功への近道だと思います。その具体的な手段を一緒に考えましょう。

詳しくはこちら

 

▲ページトップへ